本日のトレーニング

warming up 3㎞JOG
shadow Running drill

200×10(36~38)

cool down  1㎞JOG


200m×10repetition-trainingです。

レぺティショントレーニング・・
インターバルでは休息期間の設定タイム距離を設けますが、レぺティションでは休息期間を「完全休養」にしてしまいます。心拍数が安静時に戻るくらいといってもよいでしょう。

大事なのは1本1本をリラックス・リフレッシュした感覚で走り、最後まで同じ感覚(タイム)で走りきることです。硬くなったり、バタバタ、いっぱいいっぱいになってはいけません。

ラックスした状態でピッチとストライドに関連する筋肉(とはいっても全身だが)の神経伝達系へ刺激をいれます。
 その意味ではストライド長に対する伸張・短縮のストレスは大きいのでリスクは高いです(肉離れしやすい)。スプリンターは毎回このような刺激と戦っているわけですね。

市民ランナーもLongDistanceとsprintという競技をわけて考えないことがタイム向上の一因となります。

インターバルをすると途中で脱落してしまう、休息期間で慌ててしまいしっかり設定どおり走れないなんて方はレぺティションもよいと思います。しっかり休めますから、ただその分疾走タイムは90%くらいです。