本日のトレーニング

warming up 3㎞JOG
shadow Running drill

200×10(36~38)

cool down  1㎞JOG

 


200×10は最大酸素摂取量(VO2max)に対してのアプローチではない。したがってrest設定はしていない、あくまで主観的に心拍数が一定値下がるまでJOGでつなぐといったもの。

大事なのは「疾走スピード維持」「リラックス」「フォーム(着地と巻き上げ)」である。それでも数本繰り返してくると呼吸は苦しくなってくる。

 リラックスしてスピードを維持することがハーフ、フルマラソンのランニングリズムに結びつく。ハイスピード系とミドル・ロー系(フルマラソンのペース)のフォームやリズムが大きく乖離してはいけない。苦しいけどリラックスしているという状態が望ましい。これは自律神経の要因も関連してくる。