自律神経と失体感

当院の問診時の確認事項としてその場合「食欲」「睡眠」「排便(尿)」この3つの内容がどうなっているかお聞きします。

  • 「食欲」・・・内臓が良い状態であれば適度な食欲があります。
  • 「睡眠」・・・睡眠によって疲労回復、免疫力向上が図られます。
  • 「排便」・・・身体にとって不必要な老廃物が適宜排出できているかの目安です。

 

しかしこれらが大きく崩れていても「元気です!」という方もいますが、これは体の不調を感じなくなっている「失体感」におちいっている可能があります。

「失体感」は休みなく仕事をしたり、徹夜作業が続いたり、ハイテンションの状況が続いている時などに陥りやすいです。

「風邪をひいているけど、どうしてもやらなくてやらない仕事があった。気が張っていてそのまま風邪も治ってしまった」

このような況を継続したり、繰り返していると後になってと大きな症状として発現してしまう場合があります。(上記の場合風邪は治っていません)

もちろん時には頑張って仕事などをすることも大事です。

「不調」はなんらかの身(心)体からのサインです。

そのサインを感じなくしてしまうのが「失体感」ともいえます。

いいかえると時々不調を感じるのは正常な証拠ともいえるでしょう。

何にしても長期化するのは良くないですけどね。

その為にも日頃から自分の身体を顧みてみましょう。