自律神経:栄養の考え方

 

「酵素摂ってます」とか「青汁飲んでます」「玄米食べてマス」

 

 

 

というお客様がいらっしゃいます。

悪いことではないんです。

いやむしろいいことです、自分の食にしかり興味を持つことは。

ただあくまで「全体のバランス」を考えてということになります。

 

 

上記の図式を頭にいれておくともっといいと思いますよ。

 ①「糖質」「脂質」「たんぱく質」が身体の中で働くためには、「酵素」の力が必要
②「酵素」が力を発揮するには「ビタミン(ミネラルも)」が必要。
③「ビタミン」が活性するには「ミネラル」が必要
④「ミネラル」が不足すると体は不調となる。

人間の身体は4つの原子(炭素、窒素、酸素、水素)と少しのミネラルで微妙かつ大胆に整合されています。


  •  
    生きる(呼吸、食べる)という事は体外の原子、ミネラルを摂って不必要な分は解毒、排出するという作業です。
     
    それがうまくいかない時になんらかの不調がでるわけです。
     
    私が栄養や食事に関して小うるさいのは鍼灸治療よりも食事や栄養または運動を調整した方が早く回復する病気や症状も多く、基本的に鍼灸をすることでビタミンやミネラルを増やすことはできないからです。
     

ただ働きを高めることはできると思いますから、やはり鍼灸治療受ける意味は深いと思います。

 

ちなみに西洋古典医学では中世のころから人間の身体の構成は4つの元素(現代とは少し捉え方はちがう)できているとしています。

 

よく東洋医学×西洋医学と対比をすることがありますが、私としては古典伝統医学×現代医学という対比が正確じゃないかなと思っています。

この辺のややマニアックなところはまたコラムにします