最後まで走りぬく

残り10㎞で脚が止まった・・・

 

よくフルマラソンでも

  • 残り10㎞で脚が止まった
  • 身体が動かなくなった

というのをお聞きします。

また私自身も経験があります。

自己ベストを更新するにはこの点についてしっかりマネジメントをする必要があります。

 

体重60㎏ 体脂肪率15%でシミュレーションしてみましょう。

lフルマラソンに必要な総kcal→2500~2600kc

  • 体内の糖質貯蓄→1500~1600kcal
  • 体内の脂肪貯蓄→80000kcal

(※数値は概算)

 

 



考えるべきこと

 

 

 

  • 糖質だけでは走りきる事はできない。
  • 脂肪のエネルギーは膨大にある。
  • 脂肪は糖質、水、酸素がないとうまく利用できない。
  • 強度低いと脂肪と糖質は同等レベルで利用される。
  • 強度が上がるほど糖質利用の割合が増えていく。

 

上記のことから「いかに糖質エネルギーを保持して脂肪エネルギーを使うか」という点につきます。

その他気候や給水、給食も念頭にいれて、「最後まで一定の糖質(血糖)」を保てれば比較的楽にゴールできるはずです・・・・が。

皆さんいろいろ試行錯誤してみてくださいね。

余談ですが、安静時やゆっくりとしたペースでは脂肪と糖質の両方が同じくらいエネルギーとして使われます。

20分以上運動をしないと脂肪が燃えないなんていうことはありません。

ただ一つのポイントは息が強く上がるスピード強度では糖質エネルギーの消失が高くなるという点です。

当然登り坂では息があがりやすくなりますし、「脚を使ってしまう」傾向になりますね。

翻ってガソリンをセーブする、エコカー走りをイメージしましょう。